レーシックの気になる費用内訳はどうなっているのか

1番レーシックをする上で気になることは費用ではないでしょうか。
昔は50万円ほどしたものも今ではかなり値段も落ち着いてきてレーシックをしている方もかなり増えてきました。
そんな気になるレーシックの内訳費用についてご紹介しましょう。

まず、大まかに分けると、レーシックの費用の内訳は、診察料、手術料、そして薬代と3つのものに分けられます。
診察料ですが、これは病院に行く回数によって異なります。
少なくとも、手術前に1回と術後に1度行きます。
術前には基本的には視力検査をして、目の状態が良くて、手術の空きがあるのであれば、その翌日にでも手術をすることができますが、目の検査をしてから手術までがだいぶたつようならば、もう1度最後に病院に行ってから手術を行い、術後は少なくとも1回、経過によっては何度も足を運ぶことがあります。
その際、1度の診察料で5000円前後かかります。
多くの場合、保険がきかないので高めの診察代金をとられることになるので、十分な現金を持っていくか、事前に大体の診察料を聞いておくということもおすすめします。

そして、手術は1回となり、これは診察料とは別途となるのですが、これが診察料と手術がトータルになっている場合もあります。
さらに薬代は目薬をさすのですが、こちらも数千円単位かかることもありますが、病院、個人によって異なります。